恥ずかしい思いをしないために、正しい「お葬式のマナー」を

参列する際に行うマナーについて

お悔やみの言葉を伝えよう

お悔やみの言葉は故人の死を悼む気持ちを込めながら、短めに伝えるのが基本です。いろいろ伝えたくなる気持ちもあるかもしれませんが、かえって遺族の負担を増やしてしまうので控えるべきです。
また死因や故人の年齢によってはお悔やみの言葉をかえることもありますが、逆にこちらから死因を尋ねるのは失礼にあたるのでやめましょう。

そしてお悔やみの言葉は「この度はご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます」と伝えるのが一般的です。さらにこの時は声のトーンを低くして、小さめの声で挨拶をするのが礼儀です。
ちなみに「この度はご愁傷様で…」と短い言葉でも十分です。そして挨拶の後は必ずおじぎを行うように。
またお悔やみの言葉を上手く伝えられない際は、「黙礼」だけでも構いません。

その他、覚えておきたいこと

そんなお悔やみの言葉は、どこで伝えるかによって言い方が変わってきたり、不適切な言葉があるようです。それでは順番に見ていきましょう。

例えば葬儀の受付を取る際には、お悔やみの言葉に続けて「お参りさせていただきます」と伝えるのが一般的です。ちなみに仏式なら「ご焼香をさせていただきます」といった言葉に言い換えます。

そしてお悔やみの言葉の中には不適切な言葉があります。
例えば「死亡」や「急死」といった、直接的な言葉は使わないようにします。これらの言葉を使用する際は「ご逝去」「急なことで」と言い換えるようにしましょう。
また「たびたび」や「ますます」という言葉は、不幸が重なることを連想させるので、うっかり使ってしまわないように気をつけましょう。


この記事をシェアする