恥ずかしい思いをしないために、正しい「お葬式のマナー」を

何故葬式を行うのか?通夜と告別式と共に解説

お葬式の服装

以前だと遺族や親族は、正式礼装を着用するのが一般的でした。
しかし近年では男女ともに黒のスーツを着て、お通夜やお葬式に参列することがほとんどです。それぞれ見ていきましょう。

男性の場合は黒のスーツと黒のネクタイ、そして光沢のない黒の靴を選びましょう。スーツはダブルかシングルで。また派手なアクセサリーや時計は付けないように。

女性の場合も同様に、黒のスーツか黒のワンピースに。黒のストッキングを着用し、化粧は濃すぎずシンプルなものにします。また髪が長い人は、黒のゴムなどでまとめておきます。

さらに女性で和装を着用する場合は、季節に合ったものにしましょう。半襟と足袋、じゅばんは白にして、それ以外(着物や草履など)は黒で統一します。またアクセサリーに関しては、結婚指輪以外をつけないのが無難です。

参列者の服装

突然の訃報の場合だと会社の帰りに弔問することが多いため、その際はカジュアル過ぎない服装でいいでしょう。

例えば男性の場合だとネクタイと靴下は黒地のものに替え、女性の場合は黒または地味な色のスーツかワンピースにしたり、靴とストッキングは黒か肌色を選びます。

さらに葬儀や告別式に参列する際は、原則として喪服を着用します。男性なら黒のスーツに黒のネクタイと黒の靴にし、ワイシャツは白無地を着用します。またネクタイピンはつけない方がいいとされていますが、カフスボタンは良しとされています。
また女性がアクセサリーを付ける場合は、光らないものにします。しかしブーツやサンダルはNGなので、黒のパンプスを履くようにします。


この記事をシェアする